KANA-BOON 谷口鮪 × シナリオアート ハヤシコウスケ
ロングインタビュー

TVアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』(フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送中)のオープニング・テーマ&エンディング・テーマを収録した、KANA-BOON×シナリオアートのスプリット・シングル『talking / ナナヒツジ』。2012年に行われた「キューン20イヤーズオーディション」をきっかけとしてメジャーデビューのチャンスを掴んだ2組。その音楽世界の急速な進化ぶりは、KANA-BOON“talking”&シナリオアート“ナナヒツジ”とそれぞれのカップリング曲が何より明確に物語っている。そして、この2組の絶え間ない進歩は、お互いの存在を意識し、刺激を与え合ってきたからこそのものである――ということが、KANA-BOON・谷口鮪(Vocal/Guitar)×シナリオアート・ハヤシコウスケ(Guitar/Vocal/Programming)による以下の対談から読み取っていただけるはずだ。

KANA-BOONとシナリオアートはともに2012年の「キューン20イヤーズオーディション」出身バンドですが、それ以前にお互い面識は?

谷口 オーディションまでに2〜3回、一緒にライブする機会がありましたね。初めての共演の時のことはあんまり覚えてないんですけど(笑)、徐々に知り合って、音源も聴くようになって。「シナリオアートらしさ」みたいなものを持ってるバンドやなっていう認識はありましたね。案外そういうバンドは少なくて、僕らKANA-BOONも自分らしさを持ってるっていう自負でやってたので、一目置いてるというか、共通項はあるんかなっていう感じでしたね。

コウスケ 僕は初めて観た時から、「このバンドはちょっと他とは違うな」っていう直感みたいなものはありましたね。音楽的にも、オーラ的な面でも――。

谷口 いや、オーラないでしょ?(笑)。

コウスケ いやいや、あるんよ。というか、自信はあったやろ?

谷口 自信はあった。

コウスケ その感じが出てましたね。4人がガッチリつながってるっていうか。

その後、オーディションのファイナリストとして再びライブで共演を果たしたわけですよね。

谷口 ファイナリストが発表になって、シナリオもおったし、同じ関西勢として「やった!」っていう気持ちで当日を迎えたら――おらんっていう(笑)。

コウスケ シナリオアートは当時、ドラムの(ハットリ)クミコさんがライブのブッキングをしてたんですけど、ファイナル当日にもう1本ライブを入れちゃって、ダブルブッキングで。KANA-BOONのライブを観れずっていう(笑)。で、ライブ終わってオーディション会場に戻ったら、もう「KANA-BOONヤバかった」ってザワザワしてて。さすがやなあって。

谷口 僕らは出番が最後やったから、シナリオのライブもしっかり観てて。当時は本当に「ああ、負けた!」っていう感じで。持ち時間が少ない中で自分たちのライブをやるというか、何をどう感じてほしいのかとかいう部分が、あのライブの中ではシナリオが一番出せてて。悔しいなあっていう気持ちと、すごいなあっていう気持ちがありましたね。

そんなKANA-BOONとシナリオアートが今回、『talking / ナナヒツジ』というスプリット盤をリリースするわけですが。KANA-BOONの“talking”はインディーズ時代からある曲ですよね。

谷口 もともとすごく好きな曲ではあって、担当の人とも「どこかのタイミングでリリースできればいいね」っていう話はしていて、そのタイミングが来たなっていう。アニメがミステリーなので、ちょっと大人目な空気感とかも当てはまってるし。メンバーの技術とかポテンシャル的にも、これ以前のタイミングやったら「ちょっとトライするのは難しいかな」っていう感覚もあったんですけど、それもチャレンジしてみるのに相応しい状況になったかな?っていう。

コウスケ KANA-BOONの曲を今まで結構聴いてきたんですけど、オシャレやなあと思ったのと……めちゃくちゃメロディがいいなあって。一回で覚えちゃうようなメロディで、さすがやなあって思いましたね。歌詞も聴いていくうちに、冒頭からそれぞれの場所で引っかかりがあるというか。すごい曲やなあと思いましたね。

歌詞だけ見ると“PUZZLE”(初回盤Bカップリング曲)のほうが『すべてがFになる』感は強いですけどね。

谷口 "talking”が書き下ろしじゃないんで。こっちの初回盤Bは「アニメ盤」っていう形なんで、カップリングでせめて作品に寄り添えるものができたらなあっていうところで……逆にカップリング曲で書き下ろすっていう(笑)。

それに対して、シナリオアートは「7は孤独の数字」という原作中の言葉からインスパイアされて“ナナヒツジ”という7拍子の曲を作ってますね。

コウスケ はい(笑)。それほどに、小説の中にキーワードとしてしきりに出てきたんで、「これは使うやろ」みたいな。で、それを歌詞だけでなく、サウンド面でも出せたら面白いなと思って。変拍子って、一拍足りないとか多いとかじゃないですか。そういうサウンドを聴くと、人は普通の拍子で慣れてるから、曲を聴いた時に焦燥感とか不安感みたいなものがあると思うんですよね。それが作品の世界観とマッチするやろうなと思って。初めてのタイアップだったので、ちゃんとアニメの世界観も広げられるような曲にはしたいと思っていて。なおかつ、歌詞は自分たちの言いたいこと、伝えたいものをしっかりこめられるように、という感じで作りましたね。

KANA-BOONに変拍子の曲ってありましたっけ?

谷口 一切ないです。「7拍子でやってみる」なんていう発想がまず僕らは生まれへんから、すごいなあって。僕らやったら、『すべてがFになる』やから、Fコード一発で行こう!みたいな(笑)。変拍子は、変拍子を得意とするバンドがいるし、そこには勝てないだろうと。僕らはやっぱり、自分たちの強いところを伸ばしていこうっていう精神なんで。

でも“ナナヒツジ”の7拍子ってすごく自然ですよね。

コウスケ 「変拍子やってるぞ」っていう感じではやりたくなくて。それがなぜ変拍子なのか、っていうところに意味があってほしいっていう。あくまでキャッチーでありたいんですよね。だから、サビは覚えやすいようにメロディを作ったりしてるし、キャッチーな面白い要素も入れたいなって。

“ナナヒツジ”はアップテンポのアグレッシブな楽曲なのに対して、カップリングの“トワノマチ”(初回盤A収録)も“ホシドケイ”(初回盤B収録)もメロディアスな、わりと緻密な構築タイプの楽曲ですよね。

コウスケ まあ、シナリオアートってもともとがそっちなんですよね、言うならば。だからやっぱり、自分らのやりたいことというか、自分ららしいものを、カップリングで見せられたらなあと。